2019年7月22日


 暑くなりました。夏休みになり、クーラーの効いた快適な部屋でおやつとゲーム三昧といった状況になりがちです。散歩や外遊びの日課で熱中症になりににくい身体を作るようにして下さい。夏太りも予防されますので、メタボリックシンドロームの予防にもなります。
 夜に咳き込む風邪、嘔吐下痢症の流行は続いています。夏風邪といわれる手足口病が流行し、ヘルパンギーナも増加してきています。リンゴ病、水ぼうそう、症状が発熱だけの風邪もあります。
 手足口病は口内炎、手のひらと足の裏に小さな水泡性の発疹ができます。乳幼児では肘、膝や臀部(お尻)にも発疹ができます、手掌や足底の発疹は多少痛がることもありますが、痒みはありません。今はやっている手足口病は発疹が出る前に1〜2日間の発熱が出現する場合があります。手足口病もヘルパンギーナも口内炎を伴います。喉の痛みを伴いますので、食欲が低下しますし、よだれが多くなります。ウドンやゼリー、プリン等ののど越しの良い刺激性の少ない食べやすい食事にして下さい。痛みが強い場合はカロナールなどの痛み止めの薬が有用なことがあります。
 現在流行中の嘔吐下痢症は腹痛や嘔吐が主症状で下痢を伴わない場合が多いのですが、下痢も伴う嘔吐下痢症も散見されるようになりました。嘔吐下痢症の潜伏期間は1〜3日で、嘔吐は1日程度で治まります。下痢は淡黄色や白っぽいクリーム色の水様便になることが多く、4〜5日間続きます。多くのウイルスが原因となりますが、これらのウイルスを抑える薬はありません。
 熱中症は梅雨明けの時期に多く、子どもの環境をチェックし、予防を心がけてください。クーラーの効いた快適な環境ばかりでは熱中症になりやすくなります。日頃から外遊びを奨励し、暑さに慣れるような生活を心がけることが熱中症予防につながります。
 晴天のときには照り返しのために地面に近い低い位置の気温が高くなります。特にベビーカーの中は風通しも悪く注意が必要です。晴れた日の空調を止めた車の中は非常に暑くなりますので、子どもを車内に放置する事は止めて下さい。
 子どもは体重に比し体表面積が広い分、気温など周囲の環境の影響を受けやすくなります。身長も低いために地面からの照り返しの影響も強く受けます。大人が暑いと感じているときには子どもはさらに高温の環境下に居ることとなります(2〜3℃程度の違いがある可能性があります)。特に乳幼児は発汗機能が未熟なために体温調節機能が未発達で、成人に比べて暑さを感じてから発汗するまでに時間がかかりますので、体温を下げるのにも時間がかかり、体内に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。
 小さな子では当然ですが、小中学生でも行事や運動に夢中になると周囲の状況や自分の体調を気にしないで行動します。子どもは自分で予防することは困難ですので、周囲の大人が子どもの体調を気にかけてあげることが必要です。




Copyright © こばやし小児科 All Rights Reserved.

PAGE TOP